自動車にかかる税金

車についてはさまざまな税金がかかります。大まかに分けますと購入するときに課されるものと、その後の車の維持にかかる税金とがあります。まず購入時に課されるのは取得税と消費税があります。取得税は新車・中古車いずれの購入にも関係なく課されるようになっています。
消費税に関しては車を購入する際の車体本体のみにかかるわけではありません。これは一般的な商品の購入と同じで整備をしたり車用品の購入全てに関して課されるものとなっています。税率が上がることにより将来的にはさらなる増税があり、消費税は価格が上昇します。
車の購入後の維持のためにかかるものに、自動車税があります。これは車購入が行わる翌月から支払い義務が生じます。税額は排気量によって違ってきます。車検を受ける際には重量税が課されます。車検証の交付の際に必ず重量税は必要になってきます。車検の周期により納税額が違ってきます。
車を運転させるために必要な燃料ですが、燃料代もそのうちの半分は燃料税となっています。この燃料税はさらに揮発税と地方道路税の内訳から成り、納付した税金は道路の補修工事や建設にあてられています。燃料については燃料代に加えてさらに消費税も加算されています。